クラスTシャツを作る費用

「オリジナルTシャツ」や「クラスTシャツ」を作る費用はどの程度になるの?

一緒に活動するメンバーや仲間と揃えるグッズ!
最近では「オリジナルTシャツ」や「クラスTシャツ」が人気です。愛着も湧きます。
想いでも残せます。ステキな要素が満載のアイテムになっています。
Tシャツだけでなく、トレーナーやパーカーなどにも広がりを見せています。
 
気持ちを団結させるための切り札的存在です。
身につけるグッズとしては、たくさんのユーザーに支持されているのが
「オリジナルTシャツ」や「クラスTシャツ」です。
アレンジも比較的簡単にできるのがTシャツ
イベント・体育祭・文化祭・学園祭・サークルのイベント・ユニフォームなど幅広いシーンで利用されています。
 
メンバーの団結力をアップできることは理解できました。
ですが気になるのは、製作費用になるのではないでしょうか?
漠然とでも、どの程度の出費になるのかは知っておきたいです。
Tシャツそのものの素材・デザイン・半袖か長袖なのかなどの要素によって価格は変動します。
印刷に関しても一色について8,000円から10,000円程度は必要になります。
印刷する色が増えてくると追加の出費が増えてきます。
 
印刷代は枚数によって、お得になるケースもあります。
例えば作成する枚数が10枚で1色になりますと300円から400円程度です。
これが10枚5色ならば1,000円から1,200円程度です。
枚数が多ければ多いほど1枚当たりの印刷代は安くなります。
 
印刷のオプションによって追加料金が発生します。
ですがたくさんの人数分のTシャツを注文すればリーズナブルなコストで
「オリジナルTシャツ」や「クラスTシャツ」を作ることができる
でしょう。
 
オーダーする業者によってはイラストをデータ加工したりもしてくれます。
フォントをデザインとしてプロが修正してくれることもあります。
デザインにつきましては、オーダー枚数によっては無料で対応してくれることもあります。
オフィシャル・ウェブサイトでチェックしてみましょう。
さらには袋詰めやたたみのサービスもあります。サービス内容については、相談する余地があります。
 
 
 
  • 「オリジナルTシャツ」や「クラスTシャツ」の生地には、どういった種類があるの?
 
Tシャツとひとくくりにされるファッションですが、その中身には調べてみるといろいろな種類があります。
もっとも流通しているタイプは「ヘビーウエイト」と呼ばれる種類。
ライブやコンサートでも販売されているものです。
名前から推測できるでしょうが、少し重いタイプの生地で作られています。
ほどよい厚みがあって丈夫ですし、カラーバリエーションも豊富で人気があります。
 
「オリジナルTシャツ」や「クラスTシャツ」などイベントのグッズで
利用されているのは4.4オンスのものです。
こちらのほうは薄手で安いです。
もしも予算に余裕がなかったり、その年に一度しか使わないときには、こちらのほうで十分です。
生地そのものが薄いです。重ね着としてのアイテムとして出動機会が多いです。
 
「ジャージィ」タイプは着丈が短いです。身体に密着する特徴があります。
ぴったりと身体にフィットします。お洒落に着こなす人にオススメ。
その代わりにジャストサイズを選ばないと格好悪いです。
 
「ドライ」タイプはスポーツに向いていますから、チームのユニフォームとして作るならばオススメです。
主にポリエステルを使っています。スポーツ完成やスポーツをするときに向いています。
 
大切なことは、「オリジナルTシャツ」や「クラスTシャツ」をどのような目的で利用するかです。
その目的にあわせて質感や素材が違ってきます。
頻繁に利用するならば、ある程度の素材感のあるものでないとコストパフォーマンスが悪いです。
着用シーンが屋外なのか屋外なのかによっても違うでしょう。
どういった季節に着用するのかも考えて、条件やTPOを想定して素材選び・生地選びをしたいものです。
 
「オリジナルTシャツ」や「クラスTシャツ」を気持ち良く着用できて、
お洒落なデザインならば気分もアゲアゲです。
予算的な面もありますから、仲間・友達・メンバーとしっかり相談しましょう。
オリジナルのものを折角作るのです。後悔しないようにしましょう。

クラスTシャツ